緑内障の視野検査を受けてきたりたーんず

f:id:miris_nanashi:20170828210022j:plain

 

2年前の記事の最後にて

緑内障の視野検査を受けてきたのでまとめてみた
「眼圧が高いから緑内障の疑いがある」 数年前にこう言われ、今まで何回か緑内障の検査を受けている人間が緑内障の検査はどんなのするのかというのをまとめてみた。 眼科に受付をした後 まずは、 よくわらかん機械(調べたら...

 

今回は大丈夫でしたけど、定期検診は重要とのことで次回の診察はいつ行いますか?と聞いたところ

じゃあ2年後にやりましょう

と、予約の紙を渡されました。

……おぼえてられるかなー。この記事2年後まで取っておけば大丈夫か

というわけで行ってきたよ!緑内障検査。ブログがあるとこういう時便利。

 

今回は前回と違う検査をしたよの巻

2年前の検査では

 

  • よくわらかん機械(調べたらオートレフケラトメーターといって遠視とか近視をはかるものらしい)の検査
  • 眼圧検査
  • 視力検査

の順番で行います。ここまでは眼科に行ったことある人はよくある光景かと。

その後視野検査を行うという流れでした。

今回は

  • よくわらかん機械(調べたらオートレフケラトメーターといって遠視とか近視をはかるものらしい)の検査
  • 眼圧検査
  • 視力検査

の内容の後、瞳孔を開く目薬を差した後診察するという流れに。

前回と比較すると

  • 視野検査~診察
  • 瞳孔を開く目薬をさす~診察

になりました。

 

そもそも瞳孔を開いて何するんだろうか?

ググってみたら東邦大学医療センター大森病院 眼科という病院の記事に書いてありました。以下抜粋。

視力低下などの原因を調べるために必要な検査です。通常の瞳孔の大きさでは十分な眼底検査ができないため、瞳孔を広げる目薬を点眼してから検査を行います。

ふーむ。

瞳孔を開く検査の感想

あくまで僕&僕が行った病院の感想なので他はしりませぬ

 

待ち時間が長い

上の病院の記事にも書いてありますが、瞳孔を開くまで目薬刺してから30分かかります。開くまでは待合室でボケーっと過ごす必要あり。

ただ待合室での過ごし方は自由。目を閉じてて~とかじっとしててください~とかはありませんでした。

なんで僕は病院においてあった海の全て的な図鑑を読んでおりました。いい歳した人間が何をしているんでしょうね。

光がまぶしく感じる

瞳孔が開くと普段の見え方よりも見づらくなるとは聞いていたのですが、その理由はどうやらこれっぽい。

診察の時、目にライトをあてられたら真っ白すぎて何も見えないぐらいに明るくなったりしたしねー。ただこの検査した日は幸い外が曇っていたので、帰り道はそこまで気にならず…。個人差かもしかしたら運が良かったかもしれない。

ちなみに瞳孔を開く目薬は効果が6時間ぐらい続くため車や自転車、いわゆる自分で運転するものでの来院はやめてください、とくぎを刺されます。

瞳孔を開く検査をやります!と言われたら行き帰りはタクシーやらバスやらになるので気を付けよう。

 

視野検査より楽

視野検査もボタンを押すだけなんですが、1点の光を見つめたまま周りに点滅する光が見えたら~とかポーズ固定だとかなんだかんだ動く必要があるんですよね。時間も結構かかるし。

その点瞳孔を開く検査は、目薬さされたらあとは診察まで待ってればOK。その他諸々(車の運転とか)含めなければ、何もしなくていいというの楽。

 

診察後は会計

診察後は会計。

今回も問題ないね、でも疑いはあるよという診断結果をもらいました。緑内障かもしれないけど、そこまで進行しているわけじゃないから今は何も治療しなくても大丈夫という感じ。

お会計額は2570円。前回より10円高くなったっぽい。

時間にすると1時間半ほどで終了しましあt。前回2時間ほどかかったから少し早くなりましたね。

 

おまけ

 

  • 僕「次回の診察いつぐらいですかね?」
  • 先生「じゃあ5年後にやりましょう」
  • 僕「5年後!?」

 

というわけで2024年の8月のどっかで診察すればいいらしい。あまりに遠すぎて、会計のお姉さんも笑ってた。

 

コメント