大切な「モノ」の行方を描いた脱出ゲーム ウセモノターミナルが綺麗だった

 

f:id:miris_nanashi:20180427212019j:plain

のでレビューします。できる限りネタバレせずにと思ったけど、書いてたらそれなりにネタバレなってしまったので、ネタバレ嫌いな方はまわれ推奨。

一応この記事見てからプレイしても楽しめるぐらいのネタバレなはず・・・。

以前レビューした

www.lazy-loosely.com

「縁日から脱出」の作者である「あそびごころ。」様の新作です。

僕はラインで「あそびごころ。」様の新作を通知するように設定しているのだけど、

「縁日からの脱出」や「忘れ雪」のクリエイター陣再結集!

と書かれてきたので、これはきたな!と思い遊んでみました。「忘れ雪」はまだ遊んでないから今度遊びます。

というわけで「ウセモノターミナル」レビュースタート!

プレイした感想

「縁日の脱出」は縁日要するにお祭りをモチーフにした作品ですが、今作は

ここは、ウセモノターミナル。
失くしものたちの、終着駅です。

本作は「なくしもの」をテーマにした脱出ゲームです。

●車掌となり、本当の姿を忘れたウセモノたちを、
持ち主の元まで帰してあげることを目指します。

ということらしい。とりあえずプレイしていく。

最初のステージは女の子が1人だけの終着駅。

f:id:miris_nanashi:20180427212127j:plain

プレイヤーは車掌さん。最初に世界観や目的などがちょこっと説明される。

それによると、ステージ1は女の子の「本当の姿」と「帰る場所」を探せばいいみたい。

女の子に話しかけると

f:id:miris_nanashi:20180427212314j:plain

女の子の近くの鞄が鍵がかかって開かないということなので、いろいろ探索していく。操作方法は矢印クリックで画面遷移。気になるところをタッチと「縁日の脱出」と同じ一般的な脱出ゲーム。そして・・・

ステージ1で突っかかる馬鹿約1名。

自分でも嘘でしょ?1面で分からなくなるの?とか思いつつ、何処アイテム探しても見つからない。何処にあるのかと悩んでアイテム欄をいじってたら・・・

f:id:miris_nanashi:20180427212605j:plain

f:id:miris_nanashi:20180427212610j:plain

フリックでアイテム動かせるやん!

というわけで、タッチ以外にもフリック操作があります。画像キャプチャのために再度やり直してみたら車掌さんが、全部集まったので並び替えてみましょうと言ってるので、初見プレイでは完全に僕見落としてたみたいです、ワハハ。

そんなこんなで謎を解き女の子の鞄を開けていくと

f:id:miris_nanashi:20180427212829j:plain

アイテムを入手。このアイテムを女の子に渡すと

f:id:miris_nanashi:20180427212903j:plain

自分の本当の姿を思い出す・・・。ほーなるほどー。その後実際の持ち主の会話がちょこっと流れてステージ2へ。

ステージ2では女の子の持ち主の名前を探して持ち主行きの切符を作り、女の子に渡してあげるといった流れ。

無事解決するとその後の持ち主と「モノ」のストーリーが、イラスト複数枚使って表示されます。

f:id:miris_nanashi:20180427213131j:plain

そして次の「モノ」へと進んでいく流れ(イラスト部分を全部上げるのはあれなので、そこは自分で見てくださいな)

要するに2ステージ使って「モノの正体」、「持ち主の名前」 を探し持ち主の元へ帰していくということですな。

「モノ」は全部で4名。先ほど紹介した女の子の他に、1人の女性に2人の子供

f:id:miris_nanashi:20180427213430j:plain

少年

f:id:miris_nanashi:20180427213448j:plain

女性

f:id:miris_nanashi:20180427213506j:plain

1キャラ2ステージあるので全部で8ステージ。

難易度は簡単。謎解きはステージ6のお弁当以外はサクサクっとクリアできました。ステージ1?あれはノーカンということにしてください

エンディングは2種類。最後の女性に選択肢があります。この最後の最後にくるかーっていう演出がいいですね。

f:id:miris_nanashi:20180427213538j:plain

この終着駅に到着した「モノ」は何かしらの理由で主から離れてしまい、主が探している状態の存在です。ですので基本は切符を使い持ち主の元へ帰ります。

ではもしその持ち主がいなくなっていた場合はどうするか?

それが最後の女性。

切符を持って帰るか、それとも切符を持ち帰らず駅に留り「モノ」としてその終着駅で終わらせるか。後者は人側からするとなくなったまま見つからず・・・といった感じですね。

持ち主がいないのに探す人達がいるってどういうこと?と気になった方は、ぜひプレイしてくださいな。

僕としては今作はノーマルやトゥルーエンドという分かれ方はせず、どちらもトゥルーエンドだなという印象を持ちました。どちらの選択肢も甲乙つけがたい素晴らしい内容でした。

まとめ

すっきりした感動を重視した作品。

持ち主の元へ帰った後の1枚絵が大変素晴らしい作品でした。特に少年と最後の女性(と男性)の流れは必見!

ただ、

  • 1キャラ2ステージで変わること
  • 感動は「モノ」が持ち主に帰った時のイラストがメイン

なので「縁日からの脱出」よりはストーリー性は弱め。同じような切なさや感傷に浸るストーリーを求めると、なんか違うとなるのでその点は注意した方がいいかなぁと思います。

その点が気にならなければおひとついかがでしょう?

1時間かからず遊べる作品なので、サクッと楽しめます。

 

脱出ゲーム ウセモノターミナル

脱出ゲーム ウセモノターミナル

ACTKEY CO., LTD.無料posted withアプリーチ

ウセモノターミナルの続編&あそびごころ様最終作がでました
脱出ゲーム ウセモノターミナル2のラストはあそびごころからのメッセージに思えた
ついにこの時が来てしまった… 【ご挨拶】 この度「あそびごころ。」は開発を終了させていただくこととなりました。 いつも楽しみにしてくださっていた皆様、誠に申し訳ございません。 長きに渡りご愛顧いただき心より御礼申し上げます。 ...

コメント