【初心者用】さくらクラウドにKUSANAGIワードプレスをインストールする手順

f:id:miris_nanashi:20170826185850j:plain

レンタルサーバーからさくらクラウドに引っ越したのでそのメモ。簡単という人もいるけど僕ははまって無茶苦茶地獄を見ました。それで2日ほどサイト吹き飛ばしましたしね。みんなも気を付けよう。

というわけでスタート。ただ1から説明するのは長くなりすぎるので

  • ドメインを取得している(もしくはできる)
  • さくらクラウドのアカウントを取得している

という前提で記載していこうと思う。それと僕のように引っ越す場合はワードプレス 引っ越しを解説してくれるサイトを検索して事前に準備しておくこと。やらないと最悪サイト消えます。

1.サーバーを立てる

最初にやるのがサーバーを立てる作業。レンタルサーバーではこういった作業は必要ないけど、クラウドは全て自分で作業する必要があるのでこの作業をしないといけない。

というわけでまずコントロールパネルにログイン

f:id:miris_nanashi:20180107142315j:plain

さくらクラウド(Iaas)をクリック

f:id:miris_nanashi:20180107142547j:plain

下記画面になるので右上の追加ボタンをクリック

f:id:miris_nanashi:20180107142850j:plain

サーバーを立てる画面に入る。右上のシンプルモードにチェックが入っている場合は外すこと。これにチェックが入ってる下記画面のようにはならない。

f:id:miris_nanashi:20180107143118j:plain

サーバー設定で重要なのは、2.ディスク画面と4.のディスク修正でアーカイブやスタートスクリプトをkusanagiに設定すること。

f:id:miris_nanashi:20180107143835j:plain

f:id:miris_nanashi:20180107143841j:plain

それ以外は好きなように設定。もちろんパスワードは自分が分かるものを設定。

最後に一番下にある作成ボタンを押す。導入まで時間がかかるのでしばらく待つ。終わったら左側にある「サーバー」をクリック

f:id:miris_nanashi:20180107145028j:plain

以上でサーバー作成は完了。

2.ドメイン(DNS)を設定する

初心者潰しの関門。

左側にある「グローバル」「DNS」を選択する。

f:id:miris_nanashi:20180107145441j:plain

右上の追加をクリック

f:id:miris_nanashi:20180107145640j:plain

ゾーン名にドメインを入力する。www.などは必要なし。

今回はムームドメインでanzu-chan.netを取得して実践。

f:id:miris_nanashi:20180107151140j:plain

作成ボタンをクリック。有料が嫌な方は

 

vdeep.net

 

こういった方みたいに設定すれば行けるかもしれない。

ただDNS側はいいとしてサーバー側にどういった設定をすればいいのか僕にはわからないので、有料でも僕はこれを使っている。

DNSは値段月43円で安いしね。

ゾーン作成後は再度DNS画面を開き、設定したドメイン(今回はanzu-chan.net)をクリックして選択した後詳細選択へ。

f:id:miris_nanashi:20180107151759j:plain

黒塗りで潰してるけど、ここにネームサーバーが書かれているのでそれをドメインを扱っている会社に設定する。

f:id:miris_nanashi:20180107151922j:plain

ムームードメインの場合は

www.nishi2002.com

こちらサイト様で書かれている

さくらインターネットのネームサーバは次のとおりです。

  • ネームサーバ1 — ns1.dns.ne.jp
  • ネームサーバ2 — ns2.dns.ne.jp

の部分を黒塗りで潰したネームサーバーに変えればOK。

次にタブを切り替えてリソースレコードを表示し追加を行う。

f:id:miris_nanashi:20180107152749j:plain

名前は好みでいいっぽいけど、ここではwwwで設定。

タイプはA。

IPアドレスは「サーバーから選択」にすれば迷わないかと。

ここでの注意点は@の名前のAレコードを作っておくこと。

これがどこにも書いてなくてwwwなしのドメインが表示の仕方が分からなかった。

teratail.com

たぶんこれがなかったら、永遠に分からなかった気がする。

mit0223さん本当にありがとう!!さくらクラウドももうちょっと説明しっかり書いてくれればいいのに・・・

話がそれました。下記のような感じになったら右上の反映ボタンをクリック。

f:id:miris_nanashi:20180107153512j:plain

ドメイン設定は以上で終了。

正しく設定できていればドメインでアクセスすると

f:id:miris_nanashi:20180107154248j:plain

こんな画面が出てきます。

※ドメイン設定によっては時間がかかるので、しばらくたってからアクセスするように。

3.kusanagiの設定&ワードプレスのインストール&設定を行う

設定方法は公式にあるのでそちらを参照。

kusanagi.tokyo

基本的に設定どおりにやっていけば問題ないですが、ワードプレス設定時にIPアドレスでアクセスするのはいけません。

バグるとかそういうのはないんですけど、IPアドレスで直接アクセスするとkusanagiで作ったワードプレスじゃなくて、kusanagiで元から用意してあるデフォルトのワードプレス画面にアクセスするみたいなんですよね。

なのでアクセスするときはドメインを入力してアクセスしましょう。ドメインでアクセスすれば

f:id:miris_nanashi:20180107155849j:plain

ワードプレスの設定画面に入るはず。後は普通にワードプレスのインストール設定を行えば

f:id:miris_nanashi:20180107160549j:plain

f:id:miris_nanashi:20180107160553j:plain

作成完了!

もしドメインでアクセスしても表示されない場合は

  • DNSの設定が間違っている
  • DNSの設定が終わってない

のどちらかなのでそちらを確認しましょう。

IPアドレスでアクセスしてワードプレスが出たからOKだ!みたいな僕のような間違いにならないように注意。

おまけ.SSL化設定を行う

kusanagiの設定でSSL化は済むはずですが、エラーで上手くいかなかった方もいるかと思います。まあ僕のことなんですが。

そういった方は下記のサイト様が参考になるかと思います。

miyatore.com

SSL化まで終わればさくらクラウド&kusanagiワードプレスのインストール編終了!!

まとめ

サイト引っ越しの方はこの後ツールなどを使ってデータを入れていけば完成するはず。

ちなみにkusanagiを使うとサイトアクセスのスピードが上がります。僕のサイトもかなり早くなりました。

ただkusanagiワードプレスを使う場合「site gurad lite」の無料プランが使えないのでセキュリティ対策が少し弱くなります。

スピードかセキュリティか・・・。悩ましい選択だなぁ。

コメント